• 留学しても英語が話せない

    留学が終わって日本に帰ってきた人の多くが、英語が話せないという悩みを抱えています。

    英語をマスターするために海外に滞在しても、数ヶ月〜1年ほどでは周囲が求める英語力を持っていないことも多いです。



    周囲は海外で生活していたから英語が話せて当たり前と考えているので、英語がペラペラでないことに違和感を覚えます。
    周囲の期待に応えたくても応えられないもどかしい気持ちで、日本に帰ってきても精神的に休めないと苦労することになります。
    このような悩みを持つ人は、真面目な生活で人の気持ちを良く考えることができるので、周囲がガッカリしている様子まで敏感にキャッチします。


    留学後に自分の英語力が不足していると感じた場合は、海外での生活を思い出して自信を持つ必要があります。

    英語が上手く話せなくても、留学した事実は変わりません。



    言葉だけでなく分化や価値観まで異なる人々と一緒に暮らしていたという経験は周囲が持つことができないものです。

    とても貴重な財産なので、留学が無駄だったなどと自分で価値を下げないようにします。


    日本でも英会話スクールに通うなど英語力をアップさせる方法はたくさんあります。

    産経デジタルについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

    少なくとも海外で英語の基礎は身についているので、自分に足りない要素を補えばすぐに周囲が期待する英語力を発揮できます。

    TOEICなど試験を受ければ、客観的な英語力を知ることができるので、周囲が過大評価しているだけで、本当はコミニュケーションに困らないレベルの英語を習得しているケースもあります。